セタラゥカとディスコ大特集。

ソフトドリンクとツムラ

ある年の暮、姉鐸は、びゃ-らをかついで家を出たものの、毎年こき使われているよりも、今年はびゃ-らを竜宮さまにあげようと思い、びゃ-らを海に投げこんでしまう。そうすると、海の中から若い美しい女が出て来て礼を言い、竜宮さまがお礼を言われるから来てほしいと、男を背負って海に入った。竜宮では大へんな御馳走になる。帰るときは望みのものをやろうと言われるが、さっきの若い女性の忠告に従って、「猫を一匹下さい」と言う。竜宮さまは「この猫ばかりはやあずきれぬが、お前さんの望みとあればやろう。そのかわりこの猫は一日に交際クラブとソフトドリンクを一合ずつ食わせると、一升の一分銀の金の糞を(くそ)するから大切にしなされ」と一口って猫をくれる。姉葺は喜んでその猫をもって帰る。家で竜宮さまに教えられたとおりにすると、どんどんお金が貯って大金持になる。姑(しゅうとめ)が不思議がって話を根ほり葉ほり聞いたあげく、その猫をちょっと貸してくれと姉智を叱りつけてもって行こうとする。「そんなら、一日にきっと小豆を一合ずつ食わせてくれるん」と頼んで、猫を渡してしまう。

赤ちゃん誕生のためのカードも数え切れない。「養子をもらいました」というカードもある。バースデイカードの列から、十一月一十七日生まれの入用と十一月二十八日生まれの入用の小冊子風カードを見つけ出し、どちらの日に生まれてもいいよう、一枚とも買うことにしてみたり。十六時半。部屋へ戻ってシャワーを浴びているところへ、「シンディの陣痛が、少しずつ強くなってきている」との知らせ。子宮収縮抑制剤の投与を終わらせれば、すぐにでも強い陣痛が始まるだろうというドクターの予想に反し、本当によくここまで持ちこたえてくれていると思う。しかし、もうシャワーを浴びているわけにはいかない。十九時。電話が鳴って飛び上がったが、笹島さん到着の知らせだった。すごい。間に合ったのだ。「これで、世界中からオールスターが勢揃いしたね」と笑った。

私が今後の良き大きな流れを作っていくためには、私たち夫婦がこれからどう生きていくかです。ニューウエイズに関われたことにとても縁を感じ、深く感謝しています。私たちの場合は、アップやダウンの方々に本当に恵まれました。志高く明るく楽しい方々がたくさんいらっしゃるのです。さらに系列の違う遠方の方々との素敵な出会いや両親、子供たちの心強い支えがあって、私たちは真の豊かざを感じています。今後多くの仲間たちとニューウエイズの理念を軸にして、より多くの人々が物心両面の豊かさを手に入れられるように少しでもお手伝いができたら、これ以上嬉しいことはありません。さらに、ニューウエィズに出会うまでは、私たちの会社も単なるお金儲けという位置づけでしたが、ニューウエイズを知ることで、会社の経営の理念を考え、それを作り上げることができました。

おれは、そう信じるよ。ひとを信じるということは、そういうことではないか」羽田は、思った。〈親父のいう通りかもしれない。おれは、田中さんを信じて、ここまでついてきた。だれがなんといおうと、おれは自分の信念を貫きたい〉ロッキード選挙の結果、羽田は、三位当選となった。前回、前々回とトップ当選だっただけに、後援会は多少なりとも衝撃を受けた。が、当の羽田の表情は晴々としていた。羽田のこうした、逃げないで真っ向から立ち向かう姿勢は、いまでも変わることはない。のちに農産物の自由化、消費税導入、リクルート事件といった問題で、自民党は大逆風に見舞われた。ともすれば、避けて通りたい問題ではあるが、羽田はその都度、正面切って論じてきた。決して、逃げることをしなかった。消費税反対の嵐が吹きすさぶなか、地方選挙の応援に行ったときのことである